About Us

■会社概要

会社名 株式会社 テクロック
所在地 〒394-0042 長野県岡谷市成田町2-10-3
TEL 0266-22-4911(代表)
0266-22-5920(国内営業部直通)
0266-22-4912(海外営業部直通)
FAX 0266-22-4914
E-mail teclock@teclock.co.jp
代表取締役社長 原田 健太郎
取締役 執行役員 製造部長 筒井 尚和
取締役 執行役員 技術・品証部長 吉池 浩文
会社設立 昭和25年7月21日
資本金 5,500万円
  • 本社・工場
    〒394-0042 長野県岡谷市成田町2-10-3
    TEL.0266-22-5920(営業部直通)
    E-mail.teclock@teclock.co.jp

  • 東日本営業所
    〒140-0013 東京都品川区南大井3-25-14-110
    TEL.035471-9621 FAX.03-5471-9624
    E-mail.tokyo@teclock.co.jp

  • 西日本営業所
    〒550-0013 大阪府大阪市西区新町2-13-8
    TEL.06-6532-3365 FAX.06-6743-0558
    E-mail.osaka@teclock.co.jp

■沿革

昭和25年7月 長野県岡谷市成田町3155番地に精密計測機器の製造販売を目的に、東京電気時計株式会社(英文名 TOKYO ELECTRIC CLOCK CO.,)を設立、現在地に本社工場を設置する。
昭和27年1月 計量法にもとづき、ダイヤルゲージの製造許可(許可番号第2号)を受け、東芝のダイヤルゲージの製造を復活する。
昭和27年6月 社名を東京精密工業株式会社に変更する。
昭和35年1月 工業標準化法にもとづく1000分の1ミリダイヤルゲージのJIS表示許可(許可番号7190号)
昭和36年1月 中小企業庁より中小企業合理化モデル工場に指定される。(指定番号中企第34号)
昭和37年6月 工業標準化法にもとづきシリンダゲージのJIS表示許可(許可番号8729号)
昭和37年12月 社名を株式会社テクロックに変更する。
昭和40年10月 ゴム・プラスチック硬さ計の製造・販売を開始。
昭和42年6月 通産大臣より輸出貢献企業に認定される。
昭和53年6月 デジタルセンサ、デジタルダイヤルゲージの製造・販売を開始。
昭和55年6月 ICセンサの開発について長野県より、新技術開発補助金を受ける。
昭和53年11月 創業社長の荒井利周が精密測定機器業界の発展に寄与した功績が認められ、藍綬褒章を受章する。
昭和59年11月 荒井利周が勳四等瑞宝章を受章する。
昭和62年6月 デジタルシックネスゲージ、デジタルデプスゲージ、デジタルキャリパゲージ、デジタルゴム・プラスチック硬さ計等、一連のデジタルシリーズの製造・販売を開始。
昭和63年4月 新型デジタルカウンタ、デジタルコンパレータ、デジタル刃先検査機の製造・販売を開始。
平成2年8月 定圧厚さ測定器の製造・販売を開始。
平成8年11月 取締役 矢島忠夫がJIS規格制定に従事した功績などにより、勳五等双光旭日章を受章する。
平成9年9月 新型デプスゲージにて通商産業省グッド・デザイン、Gマーク取得。
平成9年12月 ISO9001の認証取得。(JET-0085)
平成10年1月 デジタルインジケータ、カウンタの発売を開始する。
平成11年8月 ニューデザインデュロメータ、ラインナップ大幅拡充。
平成13年7月 総合カタログを全面リニューアル発刊。同時にホームページ、電子カタログなどで製品情報のマルチメディア展開を開始。
平成14年12月 普及型デジタルデプス、デジタルシックネスゲージの製造・販売を開始。
平成18年 2月 新製品モータ駆動タイプデュロメータスタンド(GS-610)の製造・販売を開始。
平成18年 4月 デュロメータテスタGS-707をリニューアルし、GS-607の製造・販売を開始。
平成20年 5月 国産で初めて国際ゴム硬さ計IRHD・M法マイクロサイズ(GS-680)の販売を開始。
平成20年 6月 所ジョージ司会のテレビ東京の番組にて、弊社のデュロメータ(GS-744G)が紹介される。
平成23年 4月 岡谷市の市制75周年記念式典において、弊社社長が市制功労者として有功表彰を受賞する。
平成25年11月 国際ゴム硬さ計IRHD GS-680をリニューアル。他規格の硬さ測定機能を追加した「GS-680sel」の販売を開始。