「測定DX®」とは、『ものづくり』における「測定」のデジタル化と蓄積データ分析結果を生産現場にフィードバックすることで、製品・部品のQCD(Quality, Cost, Delivery)の飛躍的向上が実現できる、測定デジタルトランスフォーメーションのことです。
「測定」のデジタル化では、ペーパーレス化はもちろんのこと、工数削減データ蓄積が実現できます。蓄積データの分析・活用においては、「見える化」だけでなく、検索の高速化やSPC(統計)分析をもとにAIも活用することで、生産現場へのフィードバックを実行できます。以上の生産プロセスにおけるPDCAにより、品質向上、コスト削減、納期短縮というQCDが画期的に向上します。 生産現場における課題対策と効率化を、TECLOCKの「測定DX®」が後押しします。

測定データのデジタル化・分析を簡単に実現
使用環境・要件に応じて選べる3種のラインナップ

[1]クラウド測定DX®

オープンネット環境で使用。各拠点の測定データをクラウドで管理。
いつでもどこでもリアルタイルモニタリングが可能。

資料ダウンロード

[2]サーバー測定DX®

クローズドネットワーク環境(車内LAN・独自に構築したネットワーク)で使用。
外部ネットワーク環境と切り離されているため、セキュリティは堅牢。

例えば工場内LANにSmartMeasure for Serverを導入し、工場内全体で測定データを登録、モニタリング、分析を行う。

資料ダウンロード

[3]Bluetooth測定DX®

無料提供アプリ。 Bluetooth測定器との連携でさらに効率改善。 データの記録保存、複数機器の同時測定、BTフィットスイッチ等に対応。Excel・Webブラウザ・アプリ等にダイレクトに入力。

資料ダウンロード

作業環境のスマート化、
書き間違えのない正確なデータの 記録を実現。

Bluetoothデジタル測定器
製品サイトはこちら